Admin New entry Up load All archives

オオクワガタを飼うということ

久留米産オオクワガタを飼育してます。オオクワネタ中心です。

2019年度 久留米産 飼育ライン。 

自ブリは予備を含め3ライン組んだが、例年通り、目標数の半分くらいしか採れなかったので、まーくんから幼虫を補強させて貰った。
以下5ラインで臨む。

A, B, Cラインは、皆同じ血統背景。
かっちゃんから譲って貰った成虫♂1頭に、
黒王さんから里子で譲って貰った幼虫から羽化した同腹姉妹3頭の、
純マツノ血統。

2019年度Aライン飼育データ
2019年度 久留米産 Aライン


2019年度Bライン飼育データ
2019年度 久留米産 Bライン


2019年度Cライン飼育データ
2019年度 久留米産 Cライン


以下はまーくんからの里子幼虫。

2019年度Dライン飼育データ
2019年度 久留米産 Dライン

Dラインの種親は、
まーくんが誰かとコラボして出した♂と、
彼の自ブリ♀。


2019年度Eライン飼育データ
2019年度 久留米産 Eライン

Eラインの種親は、
上記Dライン種♂87の同腹兄弟♂と、
まーくんの自ブリ♀。





 
 
スポンサーサイト



category: 幼虫

CM: 0 TB: 0   

3本目へのボトル交換完了。 

1/1 (火)
冷し虫家の設定温度がデフォルト値20℃になっていることに気が付き、23℃に設定し直す。
いつから20℃になっていたのか不明。

1/4 (金)
3本目への交換完了。

今年は全てマツノ純血。

Aライン最大はLEVIN、オアシスの35g。
♂が全頭30gを超えたのは初めてだと思うが、これでは...。

LEVINに比べ、オアシスの個体群は体重を増やしていた。
中でも、♂と同定した12gの個体は20gも増えていた。
20g伸びた個体に遭ったのも初めてだが、最初が小さ過ぎただけとも言える。

2018年度 Aライン飼育データ
2018年度 Aライン 飼育データ


以下はかっちゃんからの里子幼虫。

Bラインの最大はLEVINの36g。
こちらもLEVINに比べ、オアシスの個体群は体重を増やしていた。

2018年度 Bライン飼育データ
2018年度 Bライン 飼育データ


Cラインの最大はオアシスの34g。
こちらもオアシスの個体の方が体重を増やしていた。

2018年度 Cライン飼育データ
2018年度 Cライン 飼育データ


オアシス、LEVINの成長過程に差はあるが、最終体重には殆ど差が無いように思える。
後は、成虫次第。
 


category: 幼虫

CM: 2 TB: 0   

2本目へのボトル交換完了。 

10/7 (日)
2本目への交換完了。

今年は全てマツノ純血。

Aライン最大はLEVINの29.5g。
Aライン飼育データ
2018年度 Aライン 飼育データ


以下はかっちゃんからの里子幼虫。

Bラインの最大はLEVINの26g。
Bライン飼育データ
2018年度 Bライン 飼育データ


Cラインの最大はLEVINの31g。
Cライン飼育データ
2018年度 Cライン 飼育データ


オアシスは次に期待。


category: 幼虫

CM: 2 TB: 0   

2018年度 久留米産 飼育ライン。 

今季の飼育ラインを記録し忘れていた。
自ブリは1ラインしか採れなかったので、かっちゃんから幼虫を補強させて貰った。
以下3ラインで臨む。

2018久留米 Aライン飼育データ
2018年度 久留米産 Aライン

Aラインの種親は、
黒王さんから里子で譲って貰った幼虫から羽化した♂と、
まーくんから里子で譲って貰った幼虫から羽化した♀の、
純マツノ血統。


以下はかっちゃんからの里子幼虫。

2018久留米 Bライン飼育データ
2018年度 久留米産 Bライン

Bラインの種親は、
マツノインセクト15-8♂と、
同じくマツノインセクト16-9♀。


2018久留米 Cライン飼育データ
2018年度 久留米産 Cライン

Cラインの種親は、
マツノインセクト16-20♂と、
黒王さん2015MI-K19♀。


2017年度成虫の掘り出しは、明日以降の盆休みで全て終わらせる予定。


 
 

category: 幼虫

CM: 5 TB: 0   

新旧交代。 

6/2(土)
実家の幼虫をチェック。
漸く半数近くの蛹化を確認。
♀は蛹化如何に関わらず、虫家内スペース確保の為、全て取り出し、常温保管。
♂はKSPの二頭が暴れていた。
これらは捨てボトルに交換。

新幼虫は本命ラインが全く採れず、全体で予定していた半分しか採れなかったので、補填が必要。

二週間前に割り出していた10頭の幼虫は、プリンカップに入れ、一週間経過後、成長抑制を図り、冷蔵庫に保管していた。
去年は割り出し直後に冷蔵庫に入れ、落ちていた個体が出た為。
結果、今年は全頭ボトルに投入出来た。
これだな!

2セット目の産卵木から追加の幼虫を割り出し、予定数の半分を確保。
卵を含め、5頭の余分が出た。





誰か要らん?
要らんか...。


category: 幼虫

CM: 2 TB: 0