Admin New entry Up load All archives

オオクワガタを飼うということ

久留米産オオクワガタを飼育してます。オオクワネタ中心です。

新旧交代。 

6/2(土)
実家の幼虫をチェック。
漸く半数近くの蛹化を確認。
♀は蛹化如何に関わらず、虫家内スペース確保の為、全て取り出し、常温保管。
♂はKSPの二頭が暴れていた。
これらは捨てボトルに交換。

新幼虫は本命ラインが全く採れず、全体で予定していた半分しか採れなかったので、補填が必要。

二週間前に割り出していた10頭の幼虫は、プリンカップに入れ、一週間経過後、成長抑制を図り、冷蔵庫に保管していた。
去年は割り出し直後に冷蔵庫に入れ、落ちていた個体が出た為。
結果、今年は全頭ボトルに投入出来た。
これだな!

2セット目の産卵木から追加の幼虫を割り出し、予定数の半分を確保。
卵を含め、5頭の余分が出た。





誰か要らん?
要らんか...。


category: 幼虫

CM: 2 TB: 0   

2本目へのボトル交換完了。 

9/15 (金), 16 (土)
2本目への交換完了。

マツノ純血のAライン最大はKSPの31g。
2017久留米 Aライン飼育データ
2017年度 Aライン 飼育データ


Bラインの最大はKSPの30g。
2017久留米 Bライン飼育データ
2017年度 Bライン 飼育データ


1本目にして初の30g越え!
オアシスは次に期待。


category: 幼虫

CM: 6 TB: 0   

2017年度 久留米産 飼育ライン。 

6/2 (金) 朝
冷蔵庫に入れておいた幼虫と、かっつさんプレ協賛品の成虫2ペアをリュックに背負い、出勤。

午後
仕事を終え、その足で広島へ戻る。

かっつさんプレの当選品が届いていた。




6/3 (土) 昼
実家に行き、持ち帰った幼虫を菌糸ボトルへ投入。



ところが...。
割り出し時の余剰個体の数が減っている!
最低9頭は余る筈だったが...。
初令に冷蔵庫は過酷だったのか...?
それとも割り出し時にダメージを与えていたのか?

かっつさんプレ当選者2名の内、なんとか1名分は確保出来たが、もう1名の当選者分は確保できなかった。
当選者1名は品川オフで面識があったので、今回、彼に貧乏クジを引いてもらった。


そんなこんなで今季は以下2ラインで臨む。

2017久留米 Aライン飼育データ
2017年度 久留米産 Aライン

Aラインの種親は、
masaさんから里子で譲って貰った幼虫から羽化した♂と、
マツノインセクトで購入した♀の、
純マツノ血統。


2017久留米 Bライン飼育データ
2017年度 久留米産 Bライン

Bラインの種親は、
B品ながら自己ブリ最大♂と、
去年の品川オフのジャンケン大会決勝で、クマモンさんから不戦勝で譲って貰ったマツノインセクトの♀。
種親♂は、去年に続いての使用となるが、去年は幼虫1頭しか採れなかった。
今年は上手くいくような気がしてのリトライ。


jukeさん、ごめーん。
来年まで待っててね♡
1年後忘れてるかもしれないから、産卵セット組んだ時くらいに遠慮なく催促してくれたら助かります。

かんかんさん、幼虫余らんかったわ。
ハッーハッハッハ。


 
 

category: 幼虫

CM: 6 TB: 0   

ニョロ達。 

5/20(土) 午後
実家の幼虫をチェック。
♀は半数近く、♂は若干数の蛹化を確認。
♀は若干数の暴れ有り。
♂の暴れはまだ無い。

5/22(月) 朝 名古屋
割り出しから一週間。
アパートを出る前に幼虫と卵をチェック。
卵は無くなり全数孵化した模様。
6月頭のボトル投入までの成長を抑制すべく、冷蔵庫に保管した。



この三つのプリンカップの内、二つには20頭程の初令達が居る筈。
ボトル投入時に無事で居れば、早めの割り出しからのプリンカップでの多頭保管と冷蔵庫での成長抑制は、来年以降も使える手段と考える。


category: 幼虫

CM: 6 TB: 0   

三年越し。 

5/13 (土)
1本目の割り出し。



マットに居たのはこの一頭のみ。
産卵材から幼虫と卵を割り出し、1本目のみで予定頭数を確保!

過去2年何が原因で失敗したのか...?
クマモン材に救われた?
取り敢えず一安心。
ようやく自己ブリでスタートラインに立つことができた。

種親♂の写真も撮ったよ。



category: 幼虫

CM: 14 TB: 0