Admin New entry Up load All archives

オオクワガタを飼うということ

久留米産オオクワガタを飼育してます。オオクワネタ中心です。

3回目の灯火採集。 



7/19(日)夜、かっしーさん、KITERETUさん、白三さん、たちうさん、かんかんさん、イネチョビさんと灯火採集。

白三さんをピックアップし、20時前に現地に到着。
他のメンバーは既に先行してセッティングを済ませ、ライトに虫が多数群がっていた。

KITERETUさんは息子さんと娘さん、たちうさんは娘さん、かんかんさんは息子さんを同伴。
娘さん同士は同級生。
初対面なのに、私と白三さんが到着した時には、旧友のように仲良くなっていた。

天候は時折小雨が振り、思わしくない?事もないらしい。
最初にアカアシが飛来し、出だし好調!と思いきや、その後、風が強くなり、ミヤマが少し飛来する程度で、余り虫の数が増えない。

前回、持参した懐中電灯は明るい光を放ち、皆に好評だったが、今回は電池切れで光が弱く役に立たない。
これが後に痛い目に遭うことに...。

前回味を占めた「御神木」を求めて、太めで長い木の枝を使って周囲の木の枝を突ついて揺らすも、葉っぱがちらほらと落ちて来るのみ...。
いや、コクワが1頭だけ落ちて来たか。

この頃イネチョビさんは、子供達以上のハイテンションで、大声で語りまくっていた。

その後めぼしい成果もなく、日付が変わった頃、子連れ組はそれぞれ数頭のお土産を手にして撤収。
娘さん達は、まだ遊び足りないようだった。

2時頃?灯火セットをそのままにし、残ったメンバーでかっしーさんの車に乗り込み、街灯回り。
何ヶ所か回ったらしく、多分10頭位採れた?
途中でオチて、ずっと車中に居たから、よう判らん。

街灯回りから戻り、私はマイカーの中で小一時間仮眠を取った...。

4時頃?雨足が強まる中、まだまだやる気満々のかっしーさんと、テンションダダ下がりのイネチョビさんを人質として残し、白三さんと共に撤収。

その後、残念ながらオオは採れんかったらしい。
リベンジならず...。

帰りの道中、5時頃、白三さんとサラサラ会で朝方の空腹を満たした後、彼を送り届けて自宅に帰り着いた。

実は、灯火ポイントから撤収する際、道端に停めていたマイカーに谷側から乗り込もうと、暗い草むらに脚を踏み入れたが、そこには地面は無く、次の瞬間、急傾斜を少し滑り落ちていた。
咄嗟に傾斜に生えていた草木を掴み、留まることが出来た。
手に持っていたペットボトルは...?
暗くて見えないので、というより何ヶ所か打撲と擦り傷ができたと思われ、直ぐにそんな余裕は無くなった。
斜面をよじ登ると、草むらの水気で衣服が少し濡れているのに気が付いた。
傷の具合と濡れ具合と汚れ具合は、暗くて、その場では確かめられなかった。

怪我は大した事無く、絆創膏2,3枚で済んだ。



category: 採集

CM: 10 TB: 0