Admin New entry Up load All archives

オオクワガタを飼うということ

久留米産オオクワガタを飼育してます。オオクワネタ中心です。

3gの3令幼虫。 

K11-23 3令初期
K11-23 3令初期

 先日、久留米産の2本目へのボトル交換を行いました。残念ながら30gを超える物はなく、次回交換時に期待するしかない状況...。そこで大きい幼虫の紹介は他所にお任せするとして、ここでは小さい幼虫を取り上げてみます。
 今回交換して感じたのは、同時期での初令投入にも関わらず、個体差による成長度合いが結構激しいということ。中には3令に成り立てと思われる個体がおり、♀とは言え、たったの3g!
 やはり食痕も少ない...。同じ環境でなんでこんなに差が出るのか?おそらく途中経過における成長速度差が出ているだけでは?と思っていますが、次回交換時にどこまで盛り返しているか、成虫サイズにどう影響するか、少し興味があります。


category: 幼虫

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dapkart.blog.fc2.com/tb.php/7-57d8bced
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)